債務整理で相続離婚調停AllOK【トラブル解決の専門家に相談】

案内

必ず解決できる多重債務

男性

複数の金融業者からお金を借りていた私は、返済が困難になってしまいました。毎日鳴る電話に恐怖を感じるまでになった私は、弁護士に債務整理の相談をしました。弁護士にすすめられた民事再生を行うことにより、債務を大幅に圧縮できた私は、計画的な返済ができるまでに立ち直っています。

もっと知ろう

相続しないという決断

弁護士

財産があっても、借金ということもあります。無理して相続する必要はなく、相続放棄をすれば解決することができます。三カ月以内に相続放棄をすることが一般的ですが、亡くなったことを知ってから三カ月以内ですので間違えないようにする必要があります。

もっと知ろう

借金を整理する

借金を抱えてしまい困っている時には債務整理の相談を弁護士に依頼しましょう。自己破産をしなくても借金を返済することが可能です。

どんな方法があるのか

男性

債務整理には任意整理・特定調停・民事(個人)再生・自己破産という4つの手段があります。これらは弁護士に相談して決めることが多く、この順で度合いが重くなり、任意整理は比較的借金が少なく、破産をしないために行います。これは基本的には計画的な返済を続けられるよう借りた業者と交渉を行い、一度に返済する金額を減らしてもらったりする方法です。特定調停は裁判所が任意整理に係わってくる債務整理の方法であり、こちらは債務者との話し合いも裁判所が入るので安心して行えます。その次に重い民事再生では弁護士などに相談してここでは裁判所を通し、返済する金額を少なくする方法であり、原則1/5程度に減らすことが出来ます。そして自己破産は今自分が持っている財産を必要最低限だけ残してそれ以外のものは返済に充てることで借金を免除するという債務整理の方法です。

デメリットは

債務整理はやはり自分にとってはメリットよりもデメリットの方が大きい者であり、弁護士や司法書士への相談は必須です。借金が減ったりなくなったりする代わりに今後お金が借りれなくなったり、最悪の場合、官報などでそれを報じられるため、周りにそれがばれてしまったりします。また、これは連帯保証人には適用されないので連帯保証人側への負担が大きくなってしまうということがあり、連帯保証人との相談もとても大切です。特に自己破産に関しては自分に今後かかる負担が大きく、旅行するだけでも逃亡しないようにという理由で制限がかかったり、家を手放さなくなってしまったりというものがあり、出来るだけ負担の少ない債務整理の方法を選択しましょう。

相続で損の無いように

弁護士

相続放棄の手続きは家庭裁判所と書類のやり取りをするのみででき、だいたい2週間程度で手続きが完了します。ですが、相続放棄は一度行うと撤回することが出来ないものなので、行う際はしっかり弁護士などに相談して行う必要があります。

もっと知ろう